hair dressing room 331 * BLOG

表参道と鷺宮で流れ作業にならず、丁寧でこだわりのある仕事を目指しているフレンドリーな美容室のブログです。
<< ペットの留守番に | TOP | NEW!! シャンプー☆ >>
エアーウエーブ絶好調!
だいぶ秋らしい陽気になってきましたね…おはな

前回紹介させて頂いたairwave、試してみようと思いましたか?

体験して頂いたお客様にはなかなか好評で、やはりダメージを感じない、大きめの柔らかいウェーブが再現しやすいと言って頂いてます。私自身試してみたところ、スタイリングの仕方によって柔らかいくせ毛風と立体感のあるカールの両方が出せるので気に入っていますニコニコ

前回もお伝えしましたが、従来のパーマと違うのはairwaveの機械でクリープとガラス化という工程が加わります。


このコントロールパネルで一人一人に合ったロッドの本数や毛量、ダメージレベルを調節します美容室 近未来的ピピピ

毛髪内にはコルテックスとそれをつないでいるCMC(細胞膜複合体)があります。パーマ剤で結合を切り、CMCをゴム状にし、毛髪の温度・水分量の適切なバランスをコントロールすることでコルテックスをロッドの形に移動させ、ウェーブを形成し、室温・乾燥状態でガラス化することによりキューティクルが歪みなく整い閉じた状態を維持します。これが今までにない、コシ・弾力を作り、プルンとした質感が出るのですイケテル


ガラス化中・・・


余分な水分を吸引し乾燥させます。チュービング見る



こちらは、airwave二度目のお客様です。
前回も今回もしっかりめにかけるスタイルですが、くっきりウェーブが出ているのに柔らかな質感でしたポッ

夏の間に受けた紫外線晴れによるダメージ毛にも、秋冬に向けてイメージを変えたい方にも是非オススメですパクッ

もっと詳しく知りたい方は→エアーウエーブ

(北原)





今までパーマは持ちを追求するとダメージに、手触りが良いと持ちが悪い、が課題でした。 これらをクリアしたのが エアーウェーブで、ポイントはクリープとガラス化と言う(蒸すと乾燥と冷ます)ひと手間かけた所に特徴があります。 楽してはダメみたい!       
鷺宮の店ではスチームにより、蒸らしてクリープさせて、エアーウェーブのカールに近づける様になりました、更に新しい薬液との相性を研究中です。薬液とテクニック、そして機器のバランスが上手くいけばパーマは面白くて楽しいです。 例えるなら痛んだパーマの髪が最中の皮ならクリープによるパーマだと水羊羹の感じです。(表現が古くて、すいません)



     
ヒマな時に遊んで、すいません

331 ヘアケア | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントはこちらから







この記事のトラックバックURL
http://blog.h331.jp/trackback/1474378
トラックバック