hair dressing room 331 * BLOG

表参道と鷺宮で流れ作業にならず、丁寧でこだわりのある仕事を目指しているフレンドリーな美容室のブログです。
<< くせ毛とストレートパーマ | TOP | スタッフーッ!! >>
Re:shampoo リニューアル






 頭皮の汚れはトラブルの原因です

その多くはプラスイオンを持ったほこり・汗・古い角質や皮脂です。これらが、
雑菌を繁殖させ、トラブルを起こすのです。

健康な頭皮を保つにはしっかり汚れを落とすことが大切です。
皮脂など髪の汚れを落とすことが出来るのは、油汚れと水を混じりあわせて
小さくしながら浮き上がらせ易くする界面活性剤の働きによるものです。

市販されているシャンプーの中には強い洗浄力のシャンプー
(界面活性剤が石油系)も多く、たんぱく質で出来ている人間の頭皮や髪を
壊してしまう(=たんぱく変性)ので、注意して下さい。

今よく耳にするノンシリコンシャンプーというものでも、主成分が石油系だと
危険です。必要な皮脂を残しながら、余計な汚れは落としてくれる
シャンプーがオススメです。





これは卵白に二種類のシャンプーを混ぜたものです。右が石油系界面活性剤の入っているもの、左がリ・シャンプー。かき混ぜると右は白く濁り、たんぱく質が溶けています。左は透明のまま


これらのトラブルを解消するのが、Re:>>>Shampooシリーズです



以前にもご紹介しましたが、ココでちょっとおさらい…

『Re』→戻す
『>>>』→より早く
          
「より早く健康な髪に戻す。」
という意味が込められています。

《特徴》
,燭鵑僂変性をおこさない、アミノ酸系界面活性剤。

▲▲蹈沺△め細かい泡、トルマリンと鉱石で出来た葉っぱ(全部のシャンプーの中に入っていて、マイナスイオン放出)の効果で洗浄力UP。プラスイオンの汚れにくっつきます。

E(トレハロース)が、保湿力、汚れ落とし、親水性。

そして、この度Re:>>>Shampooがルックス、お値段はそのままで、
内容成分がパワーアップ

☆有用成分15%UP

☆泡…よりきめ細かい泡立ちと弾力。

☆頭皮ケア…フランスラベンダーとテアニン(お茶に存在するアミノ酸)が立毛筋をリラックスさせ毛穴を広げ、汚れを落としやすくする。

☆アロマ増量…香りも濃くなり、それぞれのアロマ効果もUP

これらが、全部のシャンプーに加わりました。

そして、それぞれもパワーアップ
      
Re>>>Shampoo
トレハロース・フルクトースなど糖により保湿力UP!
クセ毛がおさまりやすくなりました。

Re>>>Cool
リ・シャンプーと成分がほとんど一緒ですが、ハッカ油の油分により、しっとり感があり、紫外線による髪と頭皮のダメージを抑えます。

Re>>>Emissary
毛穴の汚れをしっかり取りハリコシを出すのはもちろんのこと、コラーゲン配合で、しっかりした毛質の方が使ってもまとまりやすくなりました。

Re>>>Platinum
シャンプーの粘性を使いやすく調節し、アミノ酸成分を加えて、もっちり髪に仕上がります。カラーパーマのダメージヘアに。

 

そして、一緒にオススメなのが、リ・シャンプーブラシです。(新登場!!)

 


 

葉っぱモチーフのかわいい形です。機能的にも優れていて、3種類の突起部分は
(太)…マッサージ
(細)…大きい毛穴汚れかき出す
(二股)…小さい毛穴汚れかき出す
というように考えられています。

ちなみに“シャンプー”の語源、ご存知ですか?ヒンズー語で“チャンプー”と言って、押す・マッサージするという意味だそうです。

このブラシで押しながら優しくマッサージもしくは指の腹で優しく洗い、頭皮と頭蓋骨をずらすようにマッサージするのがお勧めです。

シャンプーの手順としては・・・
まずは、お湯で水溶性の汚れをしっかり落とします。ここですでに7〜8割の汚れが落ちますので、シャンプー剤も最小限に抑えられます。

シャンプー剤を手にとり泡立ててから頭皮を優しくマッサージするように洗い、指を通しながらしっかり流します。(かなりスタイリング剤などで汚れている時は2回洗い。)
      

トリートメントはパーマ・カラーなどで、傷みやパサつきの気になる方は中間から毛先に適度になじませ、5分程置いてから流すと効果的です。ショートヘアやあまりダメージのない髪には必要ないかと思います。

タオルドライも優しく根元の水分押さえながら拭き、髪もゴシゴシせずに優しく手ではさみながら、水分を取ってください。この工程をしっかりやっただけでもドライヤーの時間を短縮できます。

乾かす時は15cm以上髪から離し、乾きにくい根元からしっかり乾かし、毛先には熱をあて過ぎないようにしてみて下さい。全体9割程乾いたところで、冷風で仕上げるとツヤがでますよ


 毎日使うシャンプー選びと洗い方でずいぶん頭皮と髪の状態は変わります。


正しい知識で健康な頭皮と髪を手にいれましょう 

もっと詳しくシャンプーについて知りたい方はスタッフにお尋ねください                        



               (北原)




331 ヘアケア | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントはこちらから







この記事のトラックバックURL
http://blog.h331.jp/trackback/1493297
トラックバック