hair dressing room 331 * BLOG

表参道と鷺宮で流れ作業にならず、丁寧でこだわりのある仕事を目指しているフレンドリーな美容室のブログです。
<< ふっかちゃん | TOP | 年末年始のお休みのお知らせ >>
秩父・上長瀞・長瀞

紅葉が始まる目前のこの時期…秩父・上長瀞・長瀞に行ってきました。

自宅のある都立家政駅から西武秩父までレッドアロー号で、一時間半で
行けちゃいました。



2012101612220000.jpg
なので看板犬のビーン婆ちゃんも連れて…




西武秩父にアッと言う間に到着、いいお天気に恵まれました。





西武秩父では駅から徒歩5分の所にある、ちちぶ銘仙館に


2012101514090000.jpg


ちちぶ銘仙館の由来…秩父では古くから織物が盛んで、その織物を秩父銘仙と
呼んでいたそうです。 品質の改良・管理を目的として『秩父織物商工組合を
設立したそうです。』
その後、『埼玉県秩父工業試験場』となり、平成14年ちちぶ銘仙館
としてオープン。

ちちぶ銘仙館は昭和初期の特徴的な面影を残す建物で国の登録有形文化財として
登録されているそうです。
ここでは昭和の薫りが思いきり漂い、くつろげるひととき
となりました。


2012101514070000.jpg


館内は見学する事が出来て秩父織物の行程や種類がわかります。
織物や染めの体験も出来ます。


宿泊は旅籠一番という旅館です。2012101607240000.jpg




平日なので、ゆったりと過ごせました。
和室と洋室、両方とも内風呂が露天風呂風になってます(天井が空いてる)
お風呂付きなので、お部屋の中でのんびり出来ます。

ビーンもお風呂で、くつろいでました。


食堂は、一階にあります。ここも古き良き時代を彷彿させるたたずまいです。

夕食はかなりのボリュームでした。

2012101518070000.jpg



鮎の塩焼きや田舎煮からはじまり、きのこの土瓶蒸し、きのこのフライ、鶏肉の
香草焼き、トマトのモッツァレラチーズ挟み、締めに手打ちうどんのツケメン、
きのこご飯、季節の果物の盛り合わせ…全部で何種類出てきたことか…
どれも美味しくいただきました。
中でも94才の、大女将が毎日煮ている田舎煮は色ツヤも良く、薫りも良く、
最高のお味でした。





お腹がパンパンに膨れていたのに、翌朝はまたもや、たくさんの朝食を
完食していました〜。
2012101609130000.jpg


翌日は長瀞にある大沢屋さんで絶対美味しい煮豆を、試食です。
毎朝9時から数種類の煮豆を作っているそうです。
煮豆はホクホクとして甘すぎず、でもこくがあり、豆嫌いも辛党も唸らせる味わいです!!
2012101709380000.jpg



ビーンは河原をウロウロ、「まぶしい〜っす!」


また食べちゃったなぁ〜と思いながら、上長瀞へ…
2012101612220001.jpg


駅前の『うちだ』へ行きました。
ここは手打ちうどんと手打ち蕎麦のお店です。
331のお客さまの実家です。
駅に着いて、まだお腹が空いていないので散歩してから〜と思ったら、
あっという間に大入り満員に!!
すっ、すごい!

私はクルミソバを食べました。

2012101613100000.jpg


お腹空いていないはずなのに、一気に完食!

麺もツユも最高に美味しかったです!!思い出したらまた食べたくなっちゃいました〜


たくさん食べて、良く寝て、秋を満喫してくることが出来ました。


   典子〕
塚本典子 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントはこちらから







この記事のトラックバックURL
http://blog.h331.jp/trackback/1493320
トラックバック